ニュース

アイコン平成20年11月12日「第3回信用金庫合同ビジネスフェア2008」に出展しました。

アイコン平成20年10月21日 中国新聞で「しつけて呉はし」が紹介されました。

アイコン平成20年10月21日〜22日 「第22回東京ビジネスサミット2008」に出展しました。

アイコン平成20年7月16日 テレビ新広島「スーパーニュース」で「呉はし」が紹介されました。

アイコン平成20年6月18日 広島県立総合技術研究所西部工業技術センター 研究成果普及発表会連携成果PRコーナーに「 呉はし」を出品致しました。 西部工業技術センター掲載

アイコン平成20年5月30日 日経流通新聞に掲載
呉はしの商品写真と商品説明が掲載されました!

アイコン平成20年5月20日 日本経済新聞に掲載 NIKKEI NET掲載記事
呉の中小異業種NPO 障害者用「はし」開発/ 広島県呉市の企業が中心になって、障害者や高齢者向けに新しいタイプのはしを開発、近く販売を始める。利き手に障害を抱えた人が、はしを反対側の手で持っても、通常と同じ感覚で楽に食べれるよう、プラスチック製部分ではしを連結させ、安定性を持たせたほか、食材をはさみやすいよう先端部分の形状も工夫した。福祉関係の商社やインターネットを通じて全国に売り出す。(記事より抜粋)

アイコン平成20年5月16日 中国新聞朝刊に掲載 中国新聞掲載記事
患者・お年寄りが使いやすい 「呉はし」商品化 先端平ら ずれない/ 事故や脳梗塞などの病気で利き手の変更を余儀なくされた人でも簡単に使えるはしを商品化した。お年寄りにも好評で全国から問い合わせが相次いでいる。福祉施設や病院の患者から、はしへの要望や苦情を集め試作。実際に使ってもらって改良を重ね、一年がかりで販売にこぎつけた。特許も出願している。(記事より抜粋)

アイコン平成19年12月26日 NHK「お好みワイドホットライン」で放送

アイコン平成19年7月4日 NHK(全国放送)「お元気ですか日本列島」で放送
広島県立障がい者リハビリテーション・センターからの相談により、NPO法人くれケアベックスが具体化に取り組んでいる障がい者用品として「障がい児者用パソコン・キーボード・カバー」が紹介されました。→詳しい放送内容

アイコン平成19年6月20日 NHK「お好みワイドホットライン」で放送

アイコン平成19年5月31日 中国新聞に掲載
介護ニーズに呉の技注入 用品製作NPO法人が誕生/ 呉市のものづくりの技術と、福祉現場のニーズを組み合わせて使いやすい介護用品の製作・普及をする特定非営利活動法人(NPO法人)「くれケアベックス」(嵜本林之助助理事長)が、市内で設立された。高齢者からの「既存の用品は個々の体格や病状に対応できるものが少ない」との声に応える。中小製造業の活性化策としても注目されている。(記事より抜粋)

アイコン平成19年3月13日 日本経済新聞に掲載
介護現場の声福祉機器に反映 地元中小の技術生かす/ 広島県呉市に、地元中小企業が持つ製作技術と高齢者介護の現場からくみ取ったニーズを組み合わせて使いやすい生活支援用具作りに取り組むNPO法人が誕生した。まず十種類ほどの製品の試作準備に着手。市民や学生からもアイデアや出資金を募り、高齢者などが暮らしやすい街づくりにつなげる。(記事より抜粋)

アイコン平成19年3月7日 日本経済新聞「人口減社会 5県の挑戦」に掲載
個々のニーズ商品生む 自立心くみ取りヒットも/ 介護の現場の声を聞き生活支援用品を検討するくれケアベックスの試作品検討会。介護施設や中小企業の経営者らが意見をかわす内容が紹介されました。